高校・大学受験情報ブログ

高校・大学受験を考えるならまず大学/塾/予備校情報を集めよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

通信制高校

マイペースでの自由な学習スタイルが人気を集めている通信制高校。
厳しい校則もなく登校するのは平均して月に2回程度。転編入の受け入れにも積極的で
公立・私立、広域・狭域、学年制・単位制があります。
登校に自信がない不登校になってしまった人や集団生活が苦手な人にも最適で
自分のペースで学習することができます。
また、スクーリングと呼ばれる、登校日を設定している通信制高校が多く
週に5回から年に2,3日までさまざまな制度が高校によって設定されています。
通信制高校は全国にありますが、容易に資料請求のできる「通信制高校サーチ」で
いちど資料請求して検討してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2011/07/13 12:00 ] 大学受験

受験シーズンが本格化 松山大で入試願書受け付け

 松山市の松山大学(森本三義学長)で、平成23年度の一般入試、大学入試センター試験利用入試などの願書受け付けが始まった。15、16日にはセンター試験が行われ、愛媛県内の受験シーズンが本格化する。

 松山大では1月下旬から一般入試(I期)が次々と始まり、募集人員は5学部6学科で1370人。職員らは集まった願書に真剣な表情で目を通し、記入漏れなどがないかチェックしていた。

 長引く不況の影響で、ここ数年は高校生の「地元志向」が高まる傾向があるといい、入試制度改革の影響も受けて同大では21年度から受験者数が増えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110111-00000028-san-l38
[ 2011/01/11 11:41 ] 大学受験

医学部で「老年医学の継承発展」を―慢性期医療協会

日本慢性期医療協会(武久洋三会長)はこのほど、「老年医学の継承発展に関する要望書」を文部科学省に提出した。要望書では、高齢化が進む日本では今後、老年医療への需要が高まることが予想されるが、大学医学部での老年医学講座は近年縮小の傾向にあると指摘。医学教育の場における老年医学の継承・発展について配慮するよう求めている。

 同協会は要望書で、国内の急性期医療の現場では、患者の3分の2以上が高齢者になっていると指摘。さらに、高齢者を身体的に成人の一部と考えることには異論が強く、小児科と同様、「身体環境の異なった集団として特別な治療が必要とされている」とし、老年医療を専門的に扱う講座の重要性を訴えている。

 その上で、老年医学講座の統廃合の進行は、老年医療への需要の高まりに逆行するものだと強調。老年医学の視点から診療できる医師の養成を怠ると、「慢性期医療のみでなく、急性期医療の現場でも的確な診断、治療を欠くことにつながりかねない」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000001-cbn-soci
[ 2009/09/01 14:27 ] 医学部ニュース

国立大学病院の借入金解消を

国立大学医学部長会議常置委員会(安田和則委員長)は6月12日、東京都内で記者会見を開き、財政制度等審議会(財政審、財務相の諮問機関)が6月初めにまとめた「2010年度予算編成の基本的考え方」(春の建議)について、医療や医学現場を無視した議論であり、今後の国策の策定に誤りが生じることを危惧するとして、要望書を作成したことを明らかにした。要望書では、「低医療費政策」を改めることや、国立大学病院の借入金の解消などを求めており、同委員会は同日、麻生太郎首相をはじめ与謝野馨財務相、財政審の西室泰三会長らに送付した。

 要望書では、(1)低医療費政策を改め、医療費を国際水準まで引き上げる(2)人口当たりの医師数を国際水準まで引き上げる(3)医師の適正配置に開業の地域規制などの規制的手法は導入すべきでない(4)医学部のある国立大学病院の借入金を解消する―の4点を示した。

 このうち(2)について安田委員長は、国立大学医学部入学定員の計画的な増員や、定員増に見合った教育施設の整備や教育経費の措置、学生一人当たりの医学部教職員数の増員が必要だと述べた。

 また(4)に関して、42の国立大学病院全体の借入金が1兆円を超えているとの現状を指摘。借入金は各病院で医療費から返済しており、国立大学法人の経営の大変な足かせになっていると強調した。
[ 2009/06/24 14:23 ] 医学部ニュース

医学部受験…社会人 予備校 偏差値 日記 勉強法 年齢 30代

社会人 医学部受験


社会人でも十分な勉強時間と適切な指導を得られれば、必ず医者になれる。
悩む前に相談しよう

医学部受験 予備校


医学部受験に特化した予備校。医学部受験には一般学部とは違ったノウハウが必要になる。
大学の傾向を分析・熟知し、面接対策や論文対策を専門的に行ってくれる。

医学部受験 偏差値


国公立大学医学部の偏差値は最低でも60以上でハイレベルな大学になると75以上にも上る。
一方私立大学医学部の偏差値は60未満もあれば75以上もあり、ピンからキリまで。
ただし、偏差値だけで大学を選んでしまうと、卒業後研修医として母校の大学病院で働くことが多いことから
卒業後までのビジョンをもつのがよいでしょう。

医学部受験 日記 勉強法


日記を書くことによって自分の目標、学習プランが明確になる。
明文化することによって、常に自分の位置を知る事ができる
日記をスケジュールとして勉強のペースをつかむことが大事。

医学部受験 年齢 30代


大学によってことなるが、年齢関係なしに、学力のみで判断する大学も存在する。
30代でも40代でもチャレンジ精神があれば、医者になることができる。
[ 2008/12/24 13:00 ] 医学部受験雑記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。